RSS | ATOM | SEARCH
タラの芽の天ぷら

 

山菜のタラの芽を採る木を「タラノキ」という。一般的に、例えば桜の木はサクラで、「サクラノキ」とは言わない。そこで、正しくは「タラの木」ではないかと思った。そうであるなら、若芽は「タラの芽」であろう。

 

そこで、タラノキを調べてみると漢字では「楤木」と書く。私の辞書(漢語林)には、楤の字義に「たら」とある。つづけて「ウコギ科の落葉小高木。若芽は食用になる」と書かれている。

つまりは、「タラの木」でもOKなのかもしれないが、図鑑の植物名は「タラノキ」で、天ぷらにする若芽は「タラノメ」ということで、オカシイと思わないのがフツウなのだろう。

もちろん、私とて絶対的異議を唱えるつもりはない。

 

上の画像は、我が家のタラノメであるが、このタラノキにトゲがない。どこかで購入したはずだが正確な記憶がないが、タラノメを採りたいと思って買ったには違わない。

だが、トゲがないタラノキはタラノキらしくない。そこで、ついでに調べてみたら、自然界にもトゲなしのタラノキがあり、「メダラ」と呼ぶそうだ。

若芽にも、味の違いはあるのだろうが、私のような舌音痴には分かるまい。

 

 

我が家のタラノメの採取は、これまでに3回ほど天ぷらにすることができた。だんだん揚げ方にも慣れてくるように思う。上の画像は初回のもの。衣が厚いのか、揚げすぎたのか、あまりうまいとは思わなかったが、揚げたてで食べるので、スーパーの冷えたタラノメ天ぷらを買い、チンして食するのよりはずっとよかった。

 

3回目は、今年最後だと思って味わったせいか、わずかながら甘みが感じられた。なるほど、これがタラノメが山菜として好まれる理由かも知れないと思った。

某山地に野生のタラノキが群生している場所を知っているのだが・・・残念ながら、旬の季節に行ったことがない。

author:u-junpei, category:雑記, 18:48
comments(0), trackbacks(0), - -
アマドコロの天ぷら

 

アマドコロはユリ科で同じナルコユリと良く似ていて、共に山菜として食べられる。芽だしは上の画像のようで、これは我が家のアマドコロ。

 

芽だけ見ると、チゴユリやホウチャクソウとそっくりらしく、こちらは毒草だから間違えないようにと山菜の本にある。

 

漢字では甘野老。これはヤマノイモ科の鬼野老(オニドコロ)から来ている。地下茎が甘く形がオニドコロに似てるからだという。

 

 

天ぷらには、まだ葉が開く前のものを揚げる。葉には苦味があるからだそうだ。

揚げたてを食べてみると、ほんのりとわずかな苦味があった。山菜の風味だと思えば許容範囲だろう。

author:u-junpei, category:雑記, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
ギボウシの天ぷら

 

我が家の庭に生えるギボウシ。

まだ、葉が開く前の芽を選んで、天ぷらにしてみた。

 

 

ギボウシを東北地方ではウルイといい、人気の山菜だそうだ。

葉をさっと湯に通して、胡麻和えなどにすると美味らしい。

 

天ぷらにすると、いかにも天然らしい苦味とかが無くなるが、風味も欠けてしまうようだ。

この天ぷらは、興味本位でやってみたのだが・・・あまり旨いとは思わなかった。

 

このギボウシの群に、カメムシがたくさん越冬していて、思わず後先考えずに殺虫剤を撒いてしまった。

その数日後に芽を切り取ったので、まだ農薬が残っていて体に良くないはずだとか、心理的な影響があったかも。

author:u-junpei, category:雑記, 22:22
comments(0), trackbacks(0), - -
全身緑色したクモ

 

全身緑色のクモがいた。場所は我が家の食卓となっているテーブルの上。おそらく迷い込んだのではなく、私が庭から持ち込んだものに付いていたのだろう。

 

緑色が美しいので、どこかに逃げないうちにと急いでカメラを構えた。撮ったあとは放っておいたら、どこかに行ってしまった。家の中では生息していけないだろうから、外に出してやれば良かったが、このクモには気の毒だった。

 

調べてみると、「ワカバグモ」というようだ。北海道から九州にかけてフツウに生息しているというから、私が初めて目にしただけで、そう珍しいわけではなさそうだ。5月辺りから見られるらしいから、ちょっと早めのお出ましかも知れない。

 

大きさは1cmくらい。♀は全身が緑だが、♂は脚先が赤く色づくという。画像のクモは、脚先の緑色が抜け、少し赤みが差しはじめているようだから♂かもしれない。

画像では分かりにくいかも知れないが、頭部に目がある。拡大してみると、なんと8個もあって八方を睨んでいるので驚いた。

 

クモがダメと言う子は多い。生徒が教室で突然大きな声をあげたりするのは、たいていはクモなど小さな虫がいるといって騒いでいる。こんなことで、災害の多い時代を生きていけるのかと心配に思うことがある。

 

だが、虫を怖がったり気持ち悪く感じるのは、生理的なものだから仕方ないのかも・・・と、私は情けないと思いながらも、ややあきらめている。

author:u-junpei, category:雑記, 21:39
comments(0), trackbacks(0), - -
ヤブカンゾウの天ぷら

 

自宅の庭にヤブカンゾウが生える。母が健在のころ、彼女の友人が数株持ってきたのだが、今では困るほど増えている。

それで、私は食って減らそうと試みているのだが、成長が早く1日に1cm以上も伸びる。したがって、上の画像のような食べどきは限られているので、いっこうに減らずにますます増える。

 

 

ノカンゾウを山菜として食べるレシピはいろいろある。私はもっぱら天ぷらにする。

天ぷらだと青臭さが抜け、少し甘みもあって結構美味しい・・・と思う。

味噌汁の具にしてみたが、わずかに青臭さが残る。それが山菜らしくていいのだと言う人もいるかもしれない。

 

 

ちなみに、ヤブカンゾウはユリ科で、上の画像が花。

同類にノカンゾウがあるが、それとの違いはヤブカンゾウの花は、画像のような八重咲きになる。

 

また、ヤブカンゾウは「ワスレグサ」とも呼ばれる(「和名抄」平安時代)。『若芽を食べると美味しくて憂いを忘れる』からだそうだ。

author:u-junpei, category:雑記, 22:11
comments(0), trackbacks(0), - -
蚊逃草の<知性>

 

前回、『植物は<知性>をもっている』という本を取り上げた。

今回は、これに関連する話。

 

上の画像は、我が家の蚊逃草から、刺し枝で増やした2世で、3本試した中で1本だけ根付いたもの。

蚊逃草は寒さに弱く、外で冬を越すのは難しいと、親を購入したときの説明札にあった。せっかく根付いたのだから、だんだん寒くなってきたので、親株と共に部屋の中に入れ、日差しが入るところに置いた。

 

数日すると、植物はこんなにも日の光が恋しいのかと思うくらい、葉が窓の外を向いている。葉が垂直になっている様子は異常なくらい・・・

 

それで、ちょいとイジワルをしてみた。

 

 

180度、鉢の向きを変えてみた。

それから、数日して・・・

 

 

彼は、またも日光が入る方向に向き始めている。

これはどうやって向きを変えているかというと、ウィキペディアでは次のように説明している。

 

『植物の地上部は光の影になる部分に、成長を促す植物ホルモン(オーキシン)を移動させ、日陰側の成長を促すことによって、日の当たる方向に向き、葉などが効率よく光合成できるよう成長する』

 

しかし、この説明は、1枚目の画像で、葉が光の来る方向を向いたときの説明にはなるが、2枚目から3枚目に変わるときの説明になるかは疑問だ。

なぜなら、彼は葉の「首」を反らしたのではなく、180度回転したようなのだ。

 

もちろん、私が観察したのは、数日間で言えば、ほんの一瞬を切り取っただけで、実際に「ぐるっと回った」のを見たわけではないから、本当のところは分からない。だが、「日陰側」の部分が成長して、葉を反らすような運動では説明できないと思う。

 

それに、植物の運動がどういうメカニズムなのかは、仮に「植物ホルモン」で説明できるとしても、「移動させ」たのは植物自身なのだ。

それを、植物の知性と言うか意思と言うかはともかく、人間でも動物でも全ての運動や行動が、いわゆる知性や意思に基づき、自律しているワケではない・・・と蚊逃草を見ながら思った。

 

ちなみに、「蚊逃草」とは人間が勝手に言ってるだけで、彼自身は蚊を追いやる理由はないのだろう。我が家の蚊逃草は、すぐそばに蚊がいても知らん振りで、まるで役に立っていなかった。

author:u-junpei, category:雑記, 22:44
comments(0), trackbacks(0), - -
思い込み=先入観

 

以前、上の画像は「ラッパおじさん」というタイトルで取り上げたことがある。

 

http://blog.kiriume.com/?eid=1222777

 

実は、上の記事を書いた2012年当時も、それより数年前も、以後何度もこの像を見ていたが、私はとんだ思い込みをしていたことに、最近になって気がついた。

それが下の画像。

 

 

この彫刻は「プリーズ・リクエスト」というのが正式な名称であるが、私は、その題名や手に持っている楽器の詳細さに注意が行き、彼が上半身裸であることには全く気付いていなかった。

太っちょな黒人で、ズボンを肩ベルトで吊るほど腹が出てるなとか、自分のと比較してどうかなどと余計なことを考えていたくらいだった。

 

よく見れば、ちゃんとヘソがある。

 

屋外のベンチで楽器を演奏するなら、半そでのT-シャツであろうと、あるいは下着であろうと、何かは身に着けているだろうという、勝手な思い込みがあった。

 

この思い込みはどうやって出てきたのだろう。思い込み=先入観だとすれば、これまでに受けてきた教育とか、あるいは思想とかが影響してるだろうとは察しがつく。

そう考えると、大袈裟に言えば、先入観を持って見てるというのは、見えてるものも見えなくなるという恐ろしさがあろう。例えば、サックス→ジャズ→黒人だと思ったのだろうが、そうでないかもしれないのだ。

 

最近、日韓関係がギクシャクし始めているが、そこには先入観が支配し・・・なんて思うのは飛躍し過ぎであろうか。

author:u-junpei, category:雑記, 22:44
comments(0), trackbacks(0), - -
モグラハンター

 

飼い猫がモグラをとって来た。どこで捕まえたのか分からないが、彼女が自慢げに庭に持って来たときは既に死んでいた。

せっかくだがら、よく観察させてもらった。

 

円柱形の体型で丸々と太っていて、食に困っていなかったようだ。後足に比べ、前足が異常に大きい。前足の指は5本で鋭い大きな爪がある。地中にトンネルを掘るために発達したのだろう。目はどこにあるのか分からないほど退化しているようだ。突き出た鼻の下に口があるが、こじ開けてまで見たいとは思わないので、どのような歯なのかは確かめなかった。

 

モグラは漢字で土竜だが、もともとはミミズを意味していたそうだ。それが漢字の誤用でモグラの当て字になってしまったらしい。

だが、モグラの骨格標本を見ると、まさに小さな恐竜のようだ。もしかしたら、誤用だとする説自体が間違っているかも知れない。昔の人が、モグラを地中に棲む竜だと思ったとしても不思議ではあるまい。

ちなみに、ミミズは漢方薬になり、地竜という名もあるようだ。

 

モグラはあちこち掘るので、農地やゴルフ場ではもっぱら害獣でしかないが、絶滅危惧種もあるので捕獲には許可がいるという。忌避剤や音波を利用する器具とか市販されているようだが、猫を飼うという手もあるかもしれない。

author:u-junpei, category:雑記, 23:00
comments(0), trackbacks(0), - -
「野菊の墓」の野菊とは?

 

伊藤左千夫「野菊の墓」に出てくる野菊は、「ノギク」という名の菊はないので、物好きたちの従来の検証では、いわゆる野菊であるカントウヨメナ(関東嫁菜)・ユウガギク(柚香菊)・ノコンギク(野紺菊)に集約されているようだ。

ところが、これらの「野菊」は皆同じようで、どこが違うのだというほど良く似ている。

 

従来の分類では、カントウヨメナやユウガギクはキク科ヨメナ属、ノコンギクはキク科シオン属に分類されていたが、最近のAPG分類靴任蓮△い鼎譴皀轡ン属に分類されているという。

ネットで、これらの花の画像を見比べても、個体差や地域差があるのか、いろいろな画像があり混乱してしまう。区別方法は、葉がどうの、冠毛がどうのと、いろいろ言われているが、ちゃんと間違いなく判別するには、どうやらシロウトには難しいようだ。

 

そこで、学問的にはともかく、小説の設定に沿って判定することになろう。最初に野菊が出てくるのは次のような場面で、正夫が道端に咲いている野菊を採る。

 

『・・・両側の田についているところは露にしとしとに濡れて、野菊がよろよろと咲いている・・・』

 

つまりは、この野菊は湿性地に咲いていることを理由に、その適性があるカントウヨメナやユウガギクだとする者が多い。

 

ところが、私は、むしろ乾いた土地に適性があるという、ノコンギクであるような気がしてならない。

理由は二つある。

まず、正夫は民子を『野菊のような人だ』としているが、その民子は次のように描写されている。

 

『真に民子は野菊のような児であった。民子は全くの田舎ではあったが、決して粗野ではなかった。可憐で優しくて、そうして品格があった。厭味とか憎気とかという所は爪の垢ほどもなかった。どう見ても野菊の風だった。』

 

ここでは、「品格」という言葉に注目したい。少なくとも『・・・よろよろと咲いている』イメージではない。「よろよろ」と表現したのは、朝露に濡れていたからだと思われる。

 

次に、物語の最後のシーンは民子の墓だが、その墓は民子の家の裏門を出て、向かった松林の片すみの「雑木の森」にある。

いわば、山すそのような高台の場所にあるように思われ、少なくとも湿地ではなかろう。

正夫は墓のある周りを見渡し、踏まれたような野菊が咲いていることを知る。そして、7日間通い、その野菊を民子の墓の周囲一面に植える。

 

これらの状況を検証すると、カントウヨメナやユウガギクではなく、山野に広く適性があるノコンギクが相応しく思われる。「野にあって紺色をした菊」という意味だが、私は他の野菊以上に可憐な品格を感じる。

 

上の画像は、我が家に咲いていたもので、私は今年初めて確認した。

これまでは、この菊の前には通りに面して、夏以来オシロイバナ(夕化粧)が茂り、植え込みに山茶花の下枝も這っていたので、その奥に菊が生えているさえ知らなかった。

西日しか当たらないせいか、背丈が低く花も5,6個くらいしか咲いていないが、細長い花弁の紫色は、はっとするほど美しい。

 

私は、この菊の花を見たときに、なぜか「野菊の墓」を思い出した。改めて読んでみると、正夫15歳と民子17歳の青春が胸に迫ってきて、思わずこみあげるものがあった。

時代を越えても、若いというのは良いものだ。たとえ、それがほろ苦いものであったも・・・

 

ちなみに、私は画像の菊を、ノコンギクと同定している。自然に生えた野菊ではなく、花弁が長いので栽培種かもしれない。

author:u-junpei, category:雑記, 20:30
comments(0), trackbacks(0), - -
出来過ぎた話「モズの生贄」

 

前回、『モズの生贄』の話を書いた。

すると、今日の午後、教室にきてみると、カマキリの死骸のあった鉢植えバラのほぼ同じ場所に、アマガエルとおぼしきカエルが刺されていた。

これはモズの仕業だろうか。それとも、人為的に行われたのだろうか。

モズによるものだとすると、とてつもなく変な感じがする。私は前回カマキリについては、モズの生贄説を否定していたからだ。

 

人為的なものだとすると、このカエルの乾燥具合の様子では、この一両日中に行われたように思われる。仮に前からあったとしたら、カマキリの画像を撮ったときなどに気づかないわけがない。

 

すると、塾生とか教室関係者の行為だろうか。

近頃の生徒は、教室に入ってきた小さな虫でさえ大騒ぎする。カエルも入ってくるが、平気でつかめる子はまずいない。さらに、カエルを捕まえてきて、バラの枝に刺す行為が可能である子は、少なくとも現役の塾生には皆無と言ってよい。

私自身はカエルは平気だが、モズの生贄を真似してみるなどという感性は持ち合わせていない。むろん、ブログにあげるためになどという、ヤラセなことは考えたこともない。

 

その他に考えられる者は、『モズの生贄を見たことがない』という私のブログをみて、では教えてやろうじゃないかという好意者(?)の存在だろう。

だが、これには私のブログを読み、かつ、教室まで簡単にこられる地域にいて、この季節になっても、カエルを捕まえられる環境にいる者という限定がつくだろう。

だが、この行為を好意と受け止めるには、私自身はかなりムリをしなくてはならない。それに今どき、こんなヒマ人がいるのだろうか・・・

 

それゆえ、私は、このカエルの生贄は、限りなく人為説ではあるのだが、その対象者が思い浮かばないので、モズの仕業も逆説的にあるのではないかと思い始めてはいる。

 

     怪しさや百舌鳥の生け贄刺し蛙    嘆潤子

author:u-junpei, category:雑記, 16:44
comments(0), trackbacks(0), - -