RSS | ATOM | SEARCH
半夏生

 

今日は7月7日の「七夕」。七夕は五節句の1つで、和名は「たなばた」だが漢名では「しちせき」。なぜ「七夕」と書いて「たなばた」と読むのか。

 

以前は「たなばた」と読むことを、特に意に介していなかったが、このごろは気になったりする。もっと若いときから、そうしたことに拘りを持っていたら、大袈裟かもしれないが、もう少しマシな生き方をしていたかもしれない。

 

上の画像は我が家の「ハンゲショウ」だが、今頃の季節に地味な花が咲く。漢字では「半夏生」と書く。1年の真ん中7月1日は七十二候の「半夏生」といい、私はこの半夏生とハンゲショウを単純に結び付けていた。

 

ところが、半夏生は「半夏が生ずる」という意味だろうから、「馬から落馬する」の類と同じく、「半夏生が生ずる」というのは変だ。「半夏」という別物があると考えるのが正しいように思われる。

 

調べてみると、この半夏はカラスビシャク(烏柄杓)のことだそうだ。やはり、7月1日ころに見られ、この根茎を漢方で「半夏」というそうだ。

カラスビシャクはマムシグサと同じくサトイモ科で、ヘビの頭のような苞の形態はよく似ている。ただ残念ながら、マムシグサは山歩きでよく見ているのだがが、カラスビシャクは確認したことがない。

 

ちなみに、ハンゲショウは「半化粧」とも書く。白い葉が出て、これを化粧に見立てている。半は葉の半分が白くなるということだろうが、我が家のいくつかの株を見る限りでは、比率的に半分白くなると限らないようだ。

 

この白い葉は、ハンゲショウは虫媒花なので、虫に己の存在をアッピールするためにあるらしい。朝顔の葉緑体のない斑入りの葉とは異なる。

やがて白い「化粧」は落ちて、緑色になってくる。化粧する必要がなくなるからだろうが、なんだか、人生も同じような気がしないでもない。

author:u-junpei, category:雑記, 20:02
comments(0), -, - -
Who are you?

 

教室の隣は水田で、先ごろ、稲苗が植えられた。すると、突然のようにアマガエルの大合唱が始まる。毎年のコトながら、彼らがどうやって集まってくるのか、それまで、どこにいたのか、不思議でならない。

 

夜になると、灯に集まる蚊などの虫を餌にするためだろう、教室の入り口に何匹もやってくる。ガラスに張り付いて自在に動くので、彼等の足の吸盤の強力さに感心する。

中には、恐れを知らず、教室の中に侵入するものもいて、たいていの塾生は、男女をきらわず、カエルが苦手で、教室は阿鼻叫喚の地獄と化すのが、毎年の恒例でもある。

捕まえて、外に放り出せと言っても、誰も手出しをしない。まあ、私は苦手ではないから、始末するのは私ということになる。

 

そういうわけで、私はアマガエルを見慣れているので、上の画像のカエルもアマガエルだろうと思った。

だが、これは我が家で撮ったもので、近隣に水田、あるいは、彼らが生息するような水場はない。それに木に登っていることも気になった。体長も4センチくらいあるので、アマガエルにしては大きい方でなかろうか。

 

それに、良く見ると、アマガエルにしては見た目で皮膚感覚が違うように思う。アマガエルはもっとヌメっとしていて、ビニールのように滑らかな皮膚をしている。腹の辺り、彼をひっくり返さないと正確にはいえないが、アマガエルのようにヌッペリとした白色をしていないようだ。

 

なぜ、このカエルを発見したかというと、彼のいるのは柑橘系の木で、この近くに下の画像の芋虫がいて、これがどうなったか見にいったからだ。

 

 

これはアゲハチョウの幼虫で、ミカン科の葉を食卓にしている。アゲハチョウがヒラヒラと我が家の狭い庭を訪問するのは、私としては大歓迎で、ミカンの葉っぱなんぞ、いくらでもそうぞ〜と食べるに任せている。

ところが、幼虫からサナギになっているところを観察したことがない。それで、気になって様子を見にいったら、芋虫はどこにもおらず、代わりにカエルがいたというわけだ。

 

こいつが、芋虫を食ったのだろうか。そうかんぐると、こころなしか腹がふくれているような感じもする。

だが、ネットでアマガエルの食性を調べたが、芋虫を食うという記録は見つからなかった。いや、それ以前に、我が家の環境から考えて、彼をアマガエルだとは断定しがたいものがあろう。

 

いったい、彼は何ガエルだろう。Who are you?

author:u-junpei, category:雑記, 20:02
comments(0), -, - -
律義に咲いた彼岸花

 

秋の彼岸の頃に咲くので「彼岸花」という。

今年は天候がめまぐるしかったので、どうかと思っていたが、時節通りに咲きだした。

 

毒草であるので、かつて墓場が土葬のころは、動物の害を避けるために周囲に植えられたという。これを別名で「死人花」というのは、まさにその通りで、彼岸に咲くからだけのことではないのだろう。

 

もっとも、毒性は水に何度もさらすことで抜くことができ、球根からはデンプンをとることができるのだという。それゆえ、飢饉のときの貴重な救荒植物なので、ふだんは採られないような場所や田畑の畦に植えられていたのだろう。

我が家に自生するのは、おそらくその名残であるやに思う。

 

「曼珠沙華」という天上に咲く花という縁起の良い名前があって、こちらが本名なのかも知れない。私の好きな花でもある。

 

   彼岸花数輪咲ける日古希迎ふ   嘆潤子   

author:u-junpei, category:雑記, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
謎の黒仁丹虫

 

ドクダミの葉に、丸い小さな粒が密集して着いていた。

私の老眼では、色は黒いが仁丹ほどの大きさで、何かの虫の卵があるとしか見えなかった。

とりあえず、デジカメで撮り、拡大してみて驚いた。

 

 

小さいが、頭も足もある。

6本の足で、昆虫であることは間違いない。

 

自分が知らないモノを、なんでも「謎」というのは安易に過ぎるだろう。

だが、見た目には小さな粒だとしか見えなかったのが、動き回りもせず、そこに生存しているというだけで、何という虫なのか分からないのはナゾというほかない。

しかも、着生しているのがドクダミの葉というのが意外だ。こんなのを食生にする虫がいるのだろうか。

 

腹部の丸い様子から、最初はてんとう虫かと思ったが、頭が出ているので、たぶん違う。

次に思い当たるのは、臭虫だが、これは庭で育てている野菜にいっぱい付くので知っている。

そのクサムシの成虫は、腹部がもうちょっと平べったい。幼生の頃は丸いのだろうか。

 

しかし、クサムシだとすれば、私としては大変困る。

殺虫剤を撒くべきか迷ったが、まだ小さいので様子を見ることにした。

 

次の日みたら、集団で移動していて、どこにいるかすぐには分からなかった。

探してみると、ジャガイモの近いところにある雑草に移っていた。

 

それで、あっさりと、靴底で集団ごと踏み潰した。

author:u-junpei, category:雑記, 19:10
comments(0), trackbacks(0), - -
カラスノエンドウの天ぷら

 

カラスノエンドウが庭のそこら辺にかたまって生える。ふだんは迷惑な雑草でしかないが、山菜図鑑に食べられるとあった。

それで、今年こそは食ってみようと思い、実が生るのを楽しみにしていた。

 

 

天ぷらにするのに十分な量が収穫できた。

 

 

天ぷらはうまく出来たと思う。ワクワクして口にすると、味わう以前に植物繊維が固すぎて、私の弱い歯では食える代物ではなかった。

 

改めて図鑑を確認すると、花が咲いて実ができてまもなくの、若い莢を利用するのだという。

その旬をはずすと、固くなってしまうと書いてある。

 

私は、家庭菜園でつくるエンドウ豆やインゲン豆のように、莢の中の種子が膨らんだ方が良い思ったのは、カラスノエンドウに関してはとんだ間違いだった。

 

 

ちなみに、カラスノエンドウというのは通称で、和名はヤハズノエンドウという。「野原にできるエンドウ豆」ということのようだ。

しかし、上の画像のように、豆が熟すと莢が真っ黒になる。中の種子も黒い。これを見ると、通称のほうが言いえていると思う。

仲間には、スズメノエンドウというのもあるそうだが、食してみる気は、もうない。

author:u-junpei, category:雑記, 22:55
comments(0), trackbacks(0), - -
大根の花

 

上の画像は、花びらが4枚で十字花の特徴があるので、アブラナ科だとわかる。この植物は繁殖力が強いのか、どんなところにも群落になって咲いている。郊外の林の下などで、一面に紫色した大きな群落はけっこう見栄えがある。

私の家にも勝手に咲いているが、狭い通り沿いにあるので、車を運転する者には、通行の邪魔に思われているかもしれない。

 

私は長い間、この花の名前を「ダイコンの花」と呼んでいたのだが、野菜の大根じゃないのに「大根の花」はオカシイとは思っていた。正しくは「花大根」という。

では、正真正銘の「大根の花」はというと、下の画像がそう。

 

 

大根は薹(とう=花茎)が立つと、大根の中心にスが入ったり大きな空洞になったりし、そうなるともう食用にはならない。

この大根は、私が育てたわずか5本のうちで、どんな花が咲くのか知りたくて、わざわざ残した1本だった。気分的にはかなりもったいないと思った。

 

大根はアブラナ科だから十字花だが、花の魅力ということでは花大根の方が見栄えが良いように思う。

画像は白花だが、ピンク色に咲くのもあるらしい。それは大根の種類(品種)によるのだろうか。実際に見てみたいが、もちろん自分の大根で確かめるほどの気はない。

 

ちなみに、「花大根」という和名は、大根の花に似ているので付けられたという。中国では諸葛孔明が栽培させたといわれ、「ショカッサイ」というようだ。

しかし、「花大根」にはダイコンはないから、食用には葉っぱを食べるのだろうか。まあ、私は好奇心はあるが、花大根を食べたいとは思わない。

author:u-junpei, category:雑記, 21:42
comments(0), trackbacks(0), - -
タラの芽の天ぷら

 

山菜のタラの芽を採る木を「タラノキ」という。一般的に、例えば桜の木はサクラで、「サクラノキ」とは言わない。そこで、正しくは「タラの木」ではないかと思った。そうであるなら、若芽は「タラの芽」であろう。

 

そこで、タラノキを調べてみると漢字では「楤木」と書く。私の辞書(漢語林)には、楤の字義に「たら」とある。つづけて「ウコギ科の落葉小高木。若芽は食用になる」と書かれている。

つまりは、「タラの木」でもOKなのかもしれないが、図鑑の植物名は「タラノキ」で、天ぷらにする若芽は「タラノメ」ということで、オカシイと思わないのがフツウなのだろう。

もちろん、私とて絶対的異議を唱えるつもりはない。

 

上の画像は、我が家のタラノメであるが、このタラノキにトゲがない。どこかで購入したはずだが正確な記憶がないが、タラノメを採りたいと思って買ったには違わない。

だが、トゲがないタラノキはタラノキらしくない。そこで、ついでに調べてみたら、自然界にもトゲなしのタラノキがあり、「メダラ」と呼ぶそうだ。

若芽にも、味の違いはあるのだろうが、私のような舌音痴には分かるまい。

 

 

我が家のタラノメの採取は、これまでに3回ほど天ぷらにすることができた。だんだん揚げ方にも慣れてくるように思う。上の画像は初回のもの。衣が厚いのか、揚げすぎたのか、あまりうまいとは思わなかったが、揚げたてで食べるので、スーパーの冷えたタラノメ天ぷらを買い、チンして食するのよりはずっとよかった。

 

3回目は、今年最後だと思って味わったせいか、わずかながら甘みが感じられた。なるほど、これがタラノメが山菜として好まれる理由かも知れないと思った。

某山地に野生のタラノキが群生している場所を知っているのだが・・・残念ながら、旬の季節に行ったことがない。

author:u-junpei, category:雑記, 18:48
comments(0), trackbacks(0), - -
アマドコロの天ぷら

 

アマドコロはユリ科で同じナルコユリと良く似ていて、共に山菜として食べられる。芽だしは上の画像のようで、これは我が家のアマドコロ。

 

芽だけ見ると、チゴユリやホウチャクソウとそっくりらしく、こちらは毒草だから間違えないようにと山菜の本にある。

 

漢字では甘野老。これはヤマノイモ科の鬼野老(オニドコロ)から来ている。地下茎が甘く形がオニドコロに似てるからだという。

 

 

天ぷらには、まだ葉が開く前のものを揚げる。葉には苦味があるからだそうだ。

揚げたてを食べてみると、ほんのりとわずかな苦味があった。山菜の風味だと思えば許容範囲だろう。

author:u-junpei, category:雑記, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
ギボウシの天ぷら

 

我が家の庭に生えるギボウシ。

まだ、葉が開く前の芽を選んで、天ぷらにしてみた。

 

 

ギボウシを東北地方ではウルイといい、人気の山菜だそうだ。

葉をさっと湯に通して、胡麻和えなどにすると美味らしい。

 

天ぷらにすると、いかにも天然らしい苦味とかが無くなるが、風味も欠けてしまうようだ。

この天ぷらは、興味本位でやってみたのだが・・・あまり旨いとは思わなかった。

 

このギボウシの群に、カメムシがたくさん越冬していて、思わず後先考えずに殺虫剤を撒いてしまった。

その数日後に芽を切り取ったので、まだ農薬が残っていて体に良くないはずだとか、心理的な影響があったかも。

author:u-junpei, category:雑記, 22:22
comments(0), trackbacks(0), - -
全身緑色したクモ

 

全身緑色のクモがいた。場所は我が家の食卓となっているテーブルの上。おそらく迷い込んだのではなく、私が庭から持ち込んだものに付いていたのだろう。

 

緑色が美しいので、どこかに逃げないうちにと急いでカメラを構えた。撮ったあとは放っておいたら、どこかに行ってしまった。家の中では生息していけないだろうから、外に出してやれば良かったが、このクモには気の毒だった。

 

調べてみると、「ワカバグモ」というようだ。北海道から九州にかけてフツウに生息しているというから、私が初めて目にしただけで、そう珍しいわけではなさそうだ。5月辺りから見られるらしいから、ちょっと早めのお出ましかも知れない。

 

大きさは1cmくらい。♀は全身が緑だが、♂は脚先が赤く色づくという。画像のクモは、脚先の緑色が抜け、少し赤みが差しはじめているようだから♂かもしれない。

画像では分かりにくいかも知れないが、頭部に目がある。拡大してみると、なんと8個もあって八方を睨んでいるので驚いた。

 

クモがダメと言う子は多い。生徒が教室で突然大きな声をあげたりするのは、たいていはクモなど小さな虫がいるといって騒いでいる。こんなことで、災害の多い時代を生きていけるのかと心配に思うことがある。

 

だが、虫を怖がったり気持ち悪く感じるのは、生理的なものだから仕方ないのかも・・・と、私は情けないと思いながらも、ややあきらめている。

author:u-junpei, category:雑記, 21:39
comments(0), trackbacks(0), - -