RSS | ATOM | SEARCH
読評 「ディア・ペイシェント」(南 杏子 著)

 

新聞の書評の書き出しに

『「医療の場に、疑心が渦巻いている。患者が医師に不信を抱いている。医師が患者におびえている。患者がクレーマー化しさらにモンスター化するのはなぜか?」―現役の医師であり、出版社勤務の経験もある、医療小説の書き手としては得難い経歴の著者が、重いテーマに挑んだ佳作である。』とあり、

内容が簡略に紹介されたあと、最後に

『医療現場が抱えるリアルな課題を浮き彫りにしながら、巧みなストリーテリングで娯楽作品として成立させている。医療ミステリーとしての出色の一冊』とあった。

 

こうあれば、ぜひとも読んでみたい。さっそく図書館に予約を入れた。

 

読後感を率直にいえば、書評の紹介の方が優れていた。だまされたとまではいわない。だが、全体的にいえば、登場人物は典型的だし、医療ミステリーというわりには、事件もありふれた印象がする。

 

小説の主人公である内科医の女医は、医療現場での勤務がやたら忙しく、夜勤と日勤が続く36時間勤務もあって、十分な休息もとれない。診療を待たされて文句を言ってくるクレーマーな患者や、得体の知れないストーカーなども次々に現れ、精神的・体力的に疲れているように描かれる。

小説の最初からそうだから、読んでいてこちらまで疲れる。そうなると、とてもじゃないが「娯楽作品」ではないだろう。

 

たしかに、今どきの世相を鑑みれば、患者様と言わせるこんな病院やこんな患者やこんな医師がいるのだろうという気にはなった。この小説の「ディア・ペイシェント」という題名も、なるほどとうなづける。

それにしても、医療過誤で訴訟をおこされ、敗訴が濃厚になり、1億円の賠償のために自分の生命保険で償うために自殺する先輩女医を描くが、これには唐突感が否めない。競合する病院から謀略のために送り込まれたという事務職員についても、ミステリー仕立てとするには構成が弱いように思う。

 

この小説は著者の2作目だそうだが、「書き下ろし」だということで納得。おそらく、医師である著者も主人公と同じように疲れていて、小説を書くのに十分なプロットや時間がなかったのではなかろうか。着想だけで書けば、たぶんこのレベルの小説になるだろうという感想を持ったのは残念。

author:u-junpei, category:読評, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223463