RSS | ATOM | SEARCH
読評 「私の夢まで、会いに来てくれた」(金菱 清 著)

 

この本は、東北学院大学の金菱ゼミナールの学生が、震災記録として行った、3.11大地震被災者が見た「亡き人の夢」を記録したもの。

 

このゼミでは、2016年に「呼び覚まされる霊性の社会学」という、被災地で霊を乗せたタクシードライバーの幽霊体験などを記録した本を出している。当時、女子学生の特異な取材記録として新聞記事にもなり、私も読んで見たいと思った。だが、地元図書館には置いてなく、それっきりで忘れていた。

 

ところが、最近の新聞の書評欄でこの本が紹介されていて、同じ金菱ゼミの学生が取材した記録本ということで、前書を思い出し興味を持った。

 

私が、書評を読んで持った印象は、例えば、『津波で亡くなった親や子と、夢の中で会合する。それが、親子喧嘩したままで突然の災害で亡くしたとすれば、遺族には悔恨が募るばかりであろう。ところが、夢の中で愛情に満ちた日常生活の夢を見れば、亡くした悲しみも少しは慰めらるに違いない』ふうなものだった。

 

ところが、読み進めるうちに、私の中で湧いた疑問は、被災者でもなく災害とは無関係だった者が、肉親を亡くした被災者に『同苦』できるものだろうか、ということだった。

 

私も肉親を亡くした経験を持つので、想像はつく。しかし、それは同苦にはつながらない。どこか第三者の冷静な目で彼等の夢の体験記を読んでいる。遺族は夢の中の会話・さりげない日常風景に癒されるであろう。だが、その夢の内容は遺族だけのもので、読者の私には関係ない他人が見た夢にすぎない。

 

だが、夢を『見る』という発想ではなく、『見せられる』という被災者の言葉を読んだとき、なるほどと思った。

金菱教授の「あとがき」にもあるように、被災遺族にとって死者が出てくる夢は、フィクションではなくノンフィクションなのだ。死者が生者に語りかけ、生者に生きる力を与えているのだと、遺族はプラス思考で捕らえている。少なくとも、学生たちの取材に応じ、夢の内容を語った人たちはそのように思っている。

 

とすれば、読者である私が被災者遺族に『同苦』することなど、意味を持たない。つまり、この本の目的は別のことなのだ。学生にとっては取材を通して、命の大切さを学ぶ貴重な体験になった。遺族には自分の体験を語ることにより、震災の記憶を世の中に留め置くことになる。読者も大震災を忘却してはならないことを知る。それらが、この本を出版する意義でもあるのだろう。

author:u-junpei, category:読評, 17:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223467