RSS | ATOM | SEARCH
読評 「草花たちの静かな誓い」(宮本 輝 著)

 

図書館で借りたい本があって、前もって検索し、貸し出しOKを確認して出かけた。ところが、着いてみると既に貸し出されていた。

こういうこともあろうと、さして腹は立たなかったが、せっかく来たのだから書棚を見て回った。

 

宮本輝の棚にまだ読んでない本があった。それが今回取り上げた「草花たちの静かな誓い」という小説。彼の作品にしては、やけに長い題名で、しかも草花を擬人化してるようなのが気になった。

 

これは新聞に連載(2014年3月〜2016年8月)されたのを単行本にしたもの。

内容は、米国人の実業家と日本人の妻がいて、彼等の娘が六歳の時に誘拐されてしまう。アメリカでは年間百万人が行方不明になり、その内の85%が子どもだという。これ自体驚きの数字だが、さらにアメリカ社会は貧富の差が激しく、それは夫婦の豪邸ひとつを例にあげても日本の比ではない。だが、彼等はいわば勝ち組だろうが、それが常に幸せを伴うわけではなさそうだ。

 

事件から二十数年の月日が経ち、その間に夫は癌で先立ち、妻もその数年後に日本での旅行中に突然亡くなる。前もって遺言が作られていて、自殺かと思われたが病死だった。妻の甥の小畑弦矢が大豪邸を含む四十数億円の遺産を相続する。その遺言書には、娘が見つかったなら、その7割を娘に渡してくれとあった。これがこの小説の発端になっている。

 

したがって、この物語の主人公は小畑弦矢(夫婦の援助を受け、南カリフォルニア大学の大学院卒でMBAを取得し、日本に帰国していた)で、叔母の死後、病気で亡くなったとされていた娘が、実は誘拐されていたことを初めて知る。

この辺は話の筋に違和感を覚えるが、ともかく、彼はその娘探しを、偶然知りあった私立探偵に依頼する。

案外なことに、探偵は娘が生きていることを、事件当時のビデオフィルムから割りと簡単に発見する。これまで夫婦が莫大な費用を掛けて、さんざん探していたにもかかわらずにだ。

 

実は、誘拐を仕組んだのは妻の仕業だった。彼女は二十数年間それを秘匿する。それは何故だったか。誘拐事件には当然ながら協力者がいたわけだが、物語は俄然ミステリー小説の趣で、その謎解きの様相になる・・・

 

読後感を、あえて断定してしまえば、作家の他の作品と比べると、あまり優れた作品とは思えない。

着想は面白い。だが、題名につながるモチーフがイマイチはっきりしない。弦矢と叔母に共通する逸話があるのだが、どうして「草花の誓い」になるのか、私には納得できなかった。

おそらく、作家が題名で意図したものは、彼の得意とする宗教的な暗示の類なのかも・・・興味ある読書人のために、ここには書かないでおこう。

 

作家の他の作品のように、この小説が上下卷になるような長編物だったら、もっとディテールが生かされて、面白いものになったのではと思われた。

たとえば、作家が作品ごとにテーマにして語る薀蓄は、この小説では叔母の作る「スープ」だ。しかもそれを、弦矢と探偵は、企業を立ち上げて商品化しようとする。ところが、その計画の具体性は、弦矢がMBA取得者であるにしては、かなり端折られている。

また、この小説では、最も大事であろう誘拐者と娘の生きざまや、その間の叔母夫婦とのかかわりにも、同様な物足りないなさがあった。叔母夫婦と誘拐者夫婦は親しい間柄で、特に夫同士は商売上のつながりもあるのに、全く没交渉というのはありえないだろう。

宮本輝作品としては、新聞小説であるにしても、それらを描くには短かすぎたのかも知れない。

author:u-junpei, category:読評, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223485