RSS | ATOM | SEARCH
クチナシの芋虫

 

館林城の土橋門へと入る道に、クチナシの植栽がある。数年前に、ここから新しい枝を2,3本拝借し、挿し木をしたら、思いのほか簡単に根付いた。それを庭に移植していたのだが、今年は次々に花を咲かせた。

 

私はクチナシの香りが好きで、八重咲の鉢植えを買ったことがある。ところが、期待していたほど匂いがない。調べてみると、八重咲は確かにバラのような花をしていて人気があるようだが、一重にくらべて、匂いはさほど強くないそうだ。

それに、八重は実がならないので、クチナシという名前のイワレを見ることができない。

私が挿し木したのも八重咲だったので、やはり匂いはさほどではなく、実が出来ないのは残念でいる。

 

 

花も終わりの頃、葉っぱが食われているので、消毒しようと思ったら、芋虫がいた。5センチ以上はある。

大きさからみて、庭にアゲハチョウが来るので、その幼虫かと思った。それで、薬を撒かないで放置することにした。

 

だが、アゲハチョウは柑橘系の葉に卵を産むはずだ。他にチョウの幼虫でクチナシを食卓にするものがいるのだろうか。それで思い出したのがオオスカシバだった。

 

オオスカシバはスズメガの仲間で、翅が3センチくらいの太った図体をした蛾だ。翅が透明なのでスカシバの名がある。蛾といっても昼間に花の蜜を求めて飛び回る。私の庭にも来ていたので、名前を調べたりしたので知識があった。

だが、その幼虫については実際を見てなく、どんな形をしてるヤツか、検索の際に確かめなかったのは迂闊だった。

 

そのオオスカシバの幼虫はクチナシを食草にしている。放っておくと、葉を丸裸にするほど食欲旺盛だという。上の画像のように、まさに芋虫型をしている。知らなければ、私のようにチョウの幼虫と思うかもしれない。

殺虫剤を撒いた方が良さそうだが、他に移動したのか、鳥に食われたのか見つからなかった。

author:u-junpei, category:雑記, 21:42
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223492