RSS | ATOM | SEARCH
読評 「Aではない君と」(薬丸 岳 著)

 

少年Aは、中学2年生で14歳。両親は彼が小学4年生のとき離婚し、母親と同居。回りからは仲が良いと思われていた友人を殺害。死体遺棄罪で逮捕されるが、犯罪事実等一切を黙秘している。面会に来た両親にも何も語ろうとしない。この状況では、父親が最初に依頼した弁護士はお手上げになり、次に女性弁護士を紹介されるが、やはり少年は一切黙ったまま。

 

殺人罪を犯しても、少年法で保護される年令だが、黙秘したまま犯罪事実が明らかにならないと、少年審判でなく、逆送されて公開の刑事裁判になる可能性がある。これは少年保護の対象から外れることを意味する。

もちろん、小説では「少年A]ではなく、青葉翼として登場している。また、犯罪の真相は徐々に明らかになるのだが、彼が一切をしゃべらない状況を読んでいるときは、私もイライラさせられた。

 

少年犯罪の実態では、少年法で加害者が保護され過ぎ、被害者側が気の毒ではないかということが指摘されている。私もそのように思うことがある。したがって、小説でも被害者側に立ったものは、一般受けしやすいだろう。

この小説は、犯罪加害者側から描く、いわば珍しい視点の小説といえる。もし、犯罪事実が極悪非道のものだけだったら、読み終えても暗い気持ちが維持され、読後感は良くなかったかもしれない。

 

また、加害者側の親なども、社会から厳しい指弾を受けて、生活の場を失うなどの大変な場面に立たされることもある。また、少年が更生し社会に出てきても、過去が暴かれれば、職場や人間関係などを失うこともあろう。

あれやこれやを考えると、犯罪に関わることは、並大抵なことではない。自分が少年の親だったらと思うと、身につまされる思いで読んだ。

 

ちなみに、この小説は吉川英治文学新人賞(2016年、第37回)を受賞している。また、テレビ東京の開局55周年記念ドラマとして、来月放映されるという。佐藤浩一が犯罪少年の父親役、天海祐希が女性弁護士役で出演する。

author:u-junpei, category:読評, 20:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223500