RSS | ATOM | SEARCH
金柑の花

 

金柑を鉢植えで育てている。4年くらい前だろうか、実がなっている株を購入した。種無し果実ということで、食ってみたらけっこうイケル味だった。

 

その時に大きな鉢に植え替えたのだが、以来、花が咲く割には、あまり実がならない。地植えにすれば良かったと思い、その適当な場所がないか考えていたのだが、意外にも今年はこれまでよりたくさんの花が咲いた。

 

金柑の花は、5月ごろに1回目が咲き、9月ごろまでに断続的に2回目、3回目と咲く。今は3回目が咲いているはずだが、今年は私の記憶では4回目が咲いている。

 

どうしてこのように断続して咲くのか分からないが、果実は1回目の花の実が一番大きく、順次小さくなるのだそうだ。我が家のは1回目には実がならず、ガッカリしていたら、ようやく3回目になって果実の赤ちゃんが多く見られた。

 

これなら金柑酒が作れると思っていたら、このたびの台風の大風で、だいぶ赤ちゃん実が落ちてしまった。ガッカリしていたら、また花が咲き始めた。金柑の花は不思議だ。

author:u-junpei, category:雑記, 18:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223502