RSS | ATOM | SEARCH
クモが逆さでいるワケ(その2)

 

以前、クモが網の中央で逆さになっいる理由を考察したことがある。

 

http://blog.kiriume.com/?eid=1223350

 

読み返してみると、もっともなことを書いている。

だが、真実のワケは、よりシンプルで、もっと当たり前なことかも知れない。

 

結論を言えば、クモが逆さでいる理由は、地球の『重力』のせいだろう。

 

それゆえ、いかに体重の軽いクモといえども、網の上方に移動するより、下方に移動する方がラクチンだ。

獲物が網に掛かったときの移動スピードも、当然ながら、下方移動の方が速い。

 

したがって、画像のジョロウグモが作る円形の網も、真円ではなく、やや下膨れのように下方が大きくなっている。その結果、彼女がいる円の中心は、網全体からみれば上方に位置している。

つまり、彼女は網の下方に獲物が掛かることを、あらかじめ想定して網を張っているのだ。それゆえ、獲物を待つには、最初から頭を下向きにしているのが合理的なのだ・・・仮説です。

author:u-junpei, category:雑記, 19:19
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223518