RSS | ATOM | SEARCH
藤の実

 

藤棚にたくさんの藤の実の莢がぶら下がっている。形はソラマメの莢によく似ている。

ということは、中にある実も、食べられるだろうと思った。

ちなみに、藤もマメ科の植物。

 

 

黒い方が完熟した莢だが、そうでないものも、手で折ることが出来ないほど堅い。

もしかしたら、食にするには遅いのかも。

 

 

ナイフで切り開いてみると、黒くなった莢の中身は固く萎れていて、とても食べられる代物ではなかった。

上の画像は、青い方のもので、マーブルチョコくらいの大きさと形をしている。ソラマメの形を予想していたので意外だった。

 

まだ食べられそうなので、炒って試食。

味は・・・まあ、豆の味がする。不味くはないが美味くもない。酒のツマミにと密かな期待をしたが、これなら冷凍の枝豆のほうが良い。

 

調べてみると、藤の実は食べられはするが、有毒でもあるようだ。

たとえば、銀杏はたくさん食べると、小さな子どもなら死ぬほどの毒性がある。だが、藤の実はそれほどでもないらしい。大人なら、腹痛や下痢になるくらいだという。

 

私は、数粒食ったくらいだから、まず大丈夫だろうが・・・心なしか下腹が。

author:u-junpei, category:雑記, 20:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223520