RSS | ATOM | SEARCH
蜜柑は恋の味?

 

山友からミカンをもらった。彼の自宅でとれたもので、去年はほんの数個しか生らなかったのが、今年は鈴生りで、その重さで枝がたわんでいるという。

こういう現象がどうして起きるのか知らないが、自然状態の植物には、不作と豊作と交代期のようなものがあるのかも知れない。

 

多くできた反面、一個ずつは小さい。しかし、採りたてをもらったので、新鮮さは申し分ない。小さいが味も悪くない。

 

   小蜜柑を丸ごと噛めば青き恋     嘆潤子

 

author:u-junpei, category:俳句, 22:56
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223524