RSS | ATOM | SEARCH
出来過ぎた話「モズの生贄」

 

前回、『モズの生贄』の話を書いた。

すると、今日の午後、教室にきてみると、カマキリの死骸のあった鉢植えバラのほぼ同じ場所に、アマガエルとおぼしきカエルが刺されていた。

これはモズの仕業だろうか。それとも、人為的に行われたのだろうか。

モズによるものだとすると、とてつもなく変な感じがする。私は前回カマキリについては、モズの生贄説を否定していたからだ。

 

人為的なものだとすると、このカエルの乾燥具合の様子では、この一両日中に行われたように思われる。仮に前からあったとしたら、カマキリの画像を撮ったときなどに気づかないわけがない。

 

すると、塾生とか教室関係者の行為だろうか。

近頃の生徒は、教室に入ってきた小さな虫でさえ大騒ぎする。カエルも入ってくるが、平気でつかめる子はまずいない。さらに、カエルを捕まえてきて、バラの枝に刺す行為が可能である子は、少なくとも現役の塾生には皆無と言ってよい。

私自身はカエルは平気だが、モズの生贄を真似してみるなどという感性は持ち合わせていない。むろん、ブログにあげるためになどという、ヤラセなことは考えたこともない。

 

その他に考えられる者は、『モズの生贄を見たことがない』という私のブログをみて、では教えてやろうじゃないかという好意者(?)の存在だろう。

だが、これには私のブログを読み、かつ、教室まで簡単にこられる地域にいて、この季節になっても、カエルを捕まえられる環境にいる者という限定がつくだろう。

だが、この行為を好意と受け止めるには、私自身はかなりムリをしなくてはならない。それに今どき、こんなヒマ人がいるのだろうか・・・

 

それゆえ、私は、このカエルの生贄は、限りなく人為説ではあるのだが、その対象者が思い浮かばないので、モズの仕業も逆説的にあるのではないかと思い始めてはいる。

 

     怪しさや百舌鳥の生け贄刺し蛙    嘆潤子

author:u-junpei, category:雑記, 16:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223526