RSS | ATOM | SEARCH
読評 『中学生からの数学「超」入門』(永野裕之 著)

 

本の題名に「超」がついているので、思わず手に取った。「中学生からの」とあるのも、私のような老齢者が読んでも、興味をひかれる内容であるに違いない・・・そう思った。

 

それは、表紙に次のように書かれているせいでもある。

 

『―よく―数学が苦手だった人から―「社会に出てみたら、数学なんて必要なかったあんなに苦労したのに、算数は必要だけれど、数学なんて勉強させられて損した」という声を聞きます……仕方ないかなと、とも思います。だって、まだまだ知性も感情も未熟な中学生には数学を学ぶ意味や意義をつかむのは至難の業だからです。』

 

しかし、このコメントはおかしなことを言ってはいないだろうか。仮に、中学生時代には数学を学ぶ意義が分からなかったとしても、これは社会に出ている大人の発言として書かれている。だから、すんなり聞けるようでいて、やはり違和感がある。

 

それで、著者のプロフィールを見ると、著者は東大出身で、現在は個別指導の数学塾をしているという。本書の他にも数学関係の著書が複数ある。そんな著者が上のようなステレオタイプな表現を平気で使うのはなぜだろう。それとも、著者は本当にそのような発言を「よく」聞いているのだろうか。少なくとも、私の周りにはいない。

 

たかが義務教育レベルの数学なのに、苦労したので『勉強して損した』などと公言する大人がいたら、中学生だった時から成長がなく、社会人としても信用がおけない・・・と思う。仮に、この人が中学生の親だったら、自分の子どもにもそんなこと言うだろうか。

百歩譲って、本を売るべくの意図で著者が創作したコメントかもしれないが、この本が数学の入門書として、「超」が付くほど面白いのかどうかは読んでみないことには分からない。

それで、分かり易くて、面白かったら、私の塾にもいる数学が苦手な生徒たちに、紹介しても良いなと考えて購入した。

 

本書の解説の多くは、幾何や代数・関数などの分野ごとに、歴史過程の説明や代表的な設問があり、その解答方法を示すという構成になっている。

設問の中には、成蹊高や慶応義塾女子高、筑波大付高などの入試問題や、栃木県で受験者の正答率が5%だったという難問も取り上げている。まあ、私の塾生たちにはチンプンカンプンな問題だ。

 

それゆえ、タイトルに「超」が付けられてるのは、こういった難問を、分かり易く解説する為だったのだろう。だが、あえて言わせて貰うなら、設問が難しい必要性はあるのだろうか。

著者がやっている数学塾は、一流レベルを受験する生徒たちかもしれない。そういう生徒なら、どんな難問でも興味を持って挑戦するだろうし、上に取り上げたバカな大人のようなことは、最初から言わないだろう。

 

そうではなく、バカをいう大人にも買って読んで貰いたい入門書を目指していたのなら、数学という学問は、社会に出ても役立つことを証明するような問題はいくらでもあるだろう。それらを取り上げて、もうバカなことを言わせないようにしたら良かったに違いない・・・それが私の読後感だった。

もっとも、本書に収録してる難問に正解する喜びは別で、オレにも解けたという満足感はあったのでよしとしよう。

author:u-junpei, category:-, 00:44
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223539