RSS | ATOM | SEARCH
全身緑色したクモ

 

全身緑色のクモがいた。場所は我が家の食卓となっているテーブルの上。おそらく迷い込んだのではなく、私が庭から持ち込んだものに付いていたのだろう。

 

緑色が美しいので、どこかに逃げないうちにと急いでカメラを構えた。撮ったあとは放っておいたら、どこかに行ってしまった。家の中では生息していけないだろうから、外に出してやれば良かったが、このクモには気の毒だった。

 

調べてみると、「ワカバグモ」というようだ。北海道から九州にかけてフツウに生息しているというから、私が初めて目にしただけで、そう珍しいわけではなさそうだ。5月辺りから見られるらしいから、ちょっと早めのお出ましかも知れない。

 

大きさは1cmくらい。♀は全身が緑だが、♂は脚先が赤く色づくという。画像のクモは、脚先の緑色が抜け、少し赤みが差しはじめているようだから♂かもしれない。

画像では分かりにくいかも知れないが、頭部に目がある。拡大してみると、なんと8個もあって八方を睨んでいるので驚いた。

 

クモがダメと言う子は多い。生徒が教室で突然大きな声をあげたりするのは、たいていはクモなど小さな虫がいるといって騒いでいる。こんなことで、災害の多い時代を生きていけるのかと心配に思うことがある。

 

だが、虫を怖がったり気持ち悪く感じるのは、生理的なものだから仕方ないのかも・・・と、私は情けないと思いながらも、ややあきらめている。

author:u-junpei, category:雑記, 21:39
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223545