RSS | ATOM | SEARCH
タラの芽の天ぷら

 

山菜のタラの芽を採る木を「タラノキ」という。一般的に、例えば桜の木はサクラで、「サクラノキ」とは言わない。そこで、正しくは「タラの木」ではないかと思った。そうであるなら、若芽は「タラの芽」であろう。

 

そこで、タラノキを調べてみると漢字では「楤木」と書く。私の辞書(漢語林)には、楤の字義に「たら」とある。つづけて「ウコギ科の落葉小高木。若芽は食用になる」と書かれている。

つまりは、「タラの木」でもOKなのかもしれないが、図鑑の植物名は「タラノキ」で、天ぷらにする若芽は「タラノメ」ということで、オカシイと思わないのがフツウなのだろう。

もちろん、私とて絶対的異議を唱えるつもりはない。

 

上の画像は、我が家のタラノメであるが、このタラノキにトゲがない。どこかで購入したはずだが正確な記憶がないが、タラノメを採りたいと思って買ったには違わない。

だが、トゲがないタラノキはタラノキらしくない。そこで、ついでに調べてみたら、自然界にもトゲなしのタラノキがあり、「メダラ」と呼ぶそうだ。

若芽にも、味の違いはあるのだろうが、私のような舌音痴には分かるまい。

 

 

我が家のタラノメの採取は、これまでに3回ほど天ぷらにすることができた。だんだん揚げ方にも慣れてくるように思う。上の画像は初回のもの。衣が厚いのか、揚げすぎたのか、あまりうまいとは思わなかったが、揚げたてで食べるので、スーパーの冷えたタラノメ天ぷらを買い、チンして食するのよりはずっとよかった。

 

3回目は、今年最後だと思って味わったせいか、わずかながら甘みが感じられた。なるほど、これがタラノメが山菜として好まれる理由かも知れないと思った。

某山地に野生のタラノキが群生している場所を知っているのだが・・・残念ながら、旬の季節に行ったことがない。

author:u-junpei, category:雑記, 18:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.kiriume.com/trackback/1223549